やきもの三昧

グスタボ・イソエ展

練馬区立美術館に「グスタボ・イソエ」(磯江毅)展を見に行ってきました。
d0104510_2254845.jpg

彼は大阪出身で20歳前にスペインに渡り、リアリズムに傾倒し、リアリズムを追及し続けました。
d0104510_3575512.jpg

本当に素晴らしい展覧会でした。

「物は見ようとした時に初めて見えてくるのです・・・。」  とは、写実を追及したイソエの晩年の言葉です。
d0104510_3575589.jpg


その精緻な技法には、見る者にある種の緊張感と共に、穏やかな安らぎを呼び起こします。
静かに心揺さぶられる展覧会でした。

彼は4年前に残念ながら亡くなってしまいましたが、奇しくも私と同い年なのです。
あの多感な18,19歳の頃、同じように木炭デッサンに苦悩していたようでした。
d0104510_3575579.jpg
 

良い展覧会を見ると帰って仕事がしたくなります。

頑張ろう!

入館料¥500とは、今時有り得ないほどの良心的な価格です。
[PR]
by hiromi-coo | 2011-08-09 03:57
<< - 終わりました >>



陶芸家のひとりごと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31